旗宿を元気にする会にaccess戴きましてありがとうございます。

FrontPage

 訪問数:4913  本日の訪問者:1  昨日の訪問者:0

旗宿を元気にする会にようこそ

会を立ち上げた目的

白河の関跡

全国的によく知られた文化遺跡「白河の関跡」がある地区、白河市旗宿の住民と市内の志ある者たちで組織された団体です。松尾芭蕉や名だたる俳人たちが詠んだ奥州三関のひとつ「白河の関」という文化遺産が、観光資源として思ったほど活用されていません。さらには「関の森公園という観光資源・都市農村の交流拠点が有効活用されていないという問題も抱えています。以上の課題を克服すると同時に、旗宿地区の活性化を目指して私たちは立ち上がりました。一方、旗宿地域では荒れ放題の遊休農地、少子高齢化・農業の担い手不足、人と人との繋がりや支え合いが希薄化した地域社会といった共通の課題も存在します。これらの課題を、自分たちが出来ることから粛々と活動していくなかで、地域力をアップしソーシアル・キャピタルを豊かにすることにより、少しずつ解決して行きたいと考えています。私たちの活動を知り共感して頂くと同時に、共に活動してくれる仲間を求めています。よろしくお願いします。

こんな活動をしてきました

メンバーの一部

私たちは今まで、蛍の里の環境整備・遊休農地の田を無農薬栽培で生き返らせる活動、関の森公園周辺の環境整備、関の森公園を利用した各種イベントでのまちおこし等をボランティアで実施してきました。そんな中で、マンネリ化や活動の人材不足などもあり、将来への展望を見つけることが難しい状況になり、より一層の効果をあげるために、県の新たな県民活動である「円卓会議」の選定を受けました。今、県と支援スタッフのサポートを受けて、さらなる飛躍を目指して活動に取り組んでいます。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional